栄養局

文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

栄養局

栄養局長からのご挨拶

 栄養療法は全ての病気の治療の基盤となります。
このため、栄養局は開院以来、各入院フロアに専属の管理栄養士を配置し、“顔の見える管理栄養士”として、医師、看護師、薬剤師等と連携してチーム医療を実践してきました。安全で喜ばれる病院食の提供と適切な栄養管理が、栄養局の最優先目標です。当院の管理栄養士は様々な病態と治療、それに伴う病状や臨床データを日々観察し、直接患者さんのベッドサイドに出向き、食欲や食事量を把握するとともに、専門的な視点で分析、評価をして適切な栄養介入を行っています。さらに、食事療法や食生活改善の必要な患者さんに、退院後の食と栄養に関するアドバイスを積極的に行い、患者さんの病気快復、健康維持につながるよう努めています。 NST(Nutrition Support Team;栄養サポートチーム)では、栄養状態に何らかの問題がある患者さんに対して、NST専従の管理栄養士がコーディネートし、医師を中心に看護師、薬剤師等と栄養療法を実践して術前後や様々な治療による栄養状態低下の改善につなげています。

栄養局長 澁谷 祐一

栄養局の理念

 県民・市民の健康づくりのために、患者さんに喜ばれる食事提供とチーム医療による栄養サポートなど、栄養ケアサービスを実践する。

栄養局の目標

  1. 患者さんに喜ばれる食事の提供に努めます。
  2. 患者さんの栄養状態を把握し、栄養改善のサポートを行ないます。
  3. 管理栄養士養成など、臨地実習病院として研修・教育を行います。
  4. 県・市行政や栄養士会などの職能団体、また、他局との協力体制を整えて、栄養分野における調査研究を行います。
  5. 保健・医療・福祉の分野における地域医療連携を図り、予防医学や健康増進活動に努めます。
  6. 生産者の顔が見える食材を積極的に利用し、地産地消をすすめます。

栄養局の組織

【臨床栄養部門(管理栄養士)】

【フードサービス部門】

病院食委託

日清医療食品(株)

統括責任者 : 上松 利弘