診療科

文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

形成外科

形成外科とは

 形成外科ってなにをする科?美容外科とはちがうの?
 形成外科では足の先から頭の先まで、体の表面、つまり外見を中心にほぼ全身の手術をします。生まれつき、あるいは事故や手術で体の一部を失ったり、大きさや形が変わったり今まで無かったものができたりした場合、できるだけ元の状態に近づけることを目的に治療を行っています。どんな病気やけがを取り扱うかは後で述べます。
 美容外科はまぶたを二重にしたり、鼻を高くしたり、また乳房を大きくしたりというイメージがあると思いますが、形成外科の手術でも同じことをすることがあり、手術によっては内容にはあまり差がありません。両者の違いは形成外科がケガや病気の人を扱うのに対して、美容外科はケガでも病気でもない人を扱うことです。当院では美容外科はおこなっていません。

形成外科の病気について

やけど、けが、きずあと
  • やけど
  • 顔の骨折、顔のけが
  • 手足のけが
  • 瘢痕、ケロイド
生まれつきの病気
  • 顔の先天異常
  • 手足、その他の先天異常
皮膚の潰瘍、感染症
  • とこずれ
  • 足の潰瘍
皮膚の腫瘍
  • 皮膚の良性腫瘍
  • 皮膚がん
その他
  • 顔面神経麻痺
  • 陥入爪
  • 腹壁瘢痕ヘルニア
  • わきが
  • 毛巣洞
  • リンパ浮腫 など
再建手術

美容外科

当院の形成外科の特徴

やけど

 当院では基本的にやけどは、救急医、形成外科医、皮膚科医、患者さんが小児の場合は小児科医も加わったチームとして治療にあたります。やけど専用の部屋もあり、広範囲のやけどにも対応できます。形成外科では主にやけど患者さんの皮膚移植を担当します。

顔のけが

 鼻骨や頬骨など顔面の骨が折れ、放っておくと顔の形が変わったり、口が開きにくくなったり、物がダブって見えたりする可能性のある場合は、形成外科で手術します。顔面の皮膚、脂肪、筋肉が切れて挫滅した場合、将来の傷跡を目立ちにくくすることはもちろんですが、筋肉を元の位置に戻し、大事な神経などが切れていないかを的確に判断することが必要です。少しの傷に見えても意外と厄介なこともよく経験しますので、ぜひ形成外科受診をおすすめします。

手足のけが

 手足の骨折は整形外科での治療となりますが、形成外科では切り傷や切断指をあつかいます。切断指では血管や神経を縫合し元に戻しますが、断面がつぶれている、術後極端に指の動きが悪いと思われる場合など、条件によっては指をつながないこともあります。大けがで神経や組織の一部がなくなった場合は、他の部位からの組織移植をおこないます。

顔の先天異常

 唇裂、口蓋裂、小耳症、埋没耳、耳垂裂、副耳、耳瘻孔 先天性眼瞼下垂などがあります。必要に応じて小児科、歯科、眼科、耳鼻科などと相談、連携して手術にあたります。手術は疾患に応じた適切な年齢、時期におこなうようにしています。

手足、その他の先天異常

 形成外科では手足の先天異常としては主に多合指症、多合趾症を扱います。1歳頃を目処に手術をおこなっています。手足以外では脊髄髄膜瘤、副乳、陥没乳頭、臍ヘルニアなどを扱います。 

皮膚潰瘍

 床ずれ、糖尿病性足潰瘍などが対象となります。慢性の皮膚潰瘍は傷を治りやすい状態にすることが治療の第一歩となります。そのため陰圧閉鎖療法などの保存的な治療で良い状態としたうえで、創閉鎖の手術をおこないます。

母斑、血管腫、良性腫瘍

 ほくろやあざ、脂肪腫、血管腫などを扱います。治療は腫瘍の種類や大きさ、部位などによって切除、皮膚剥削術、レーザーなどを使い分けています。ただし当院で皮膚腫瘍に使用できるレーザーは炭酸ガスレーザーのみで、使える疾患が限られます。同じ理由で血管腫にも対応しかねます。

悪性腫瘍およびそれに関する再建

 皮膚癌は広範囲切除のうえ皮弁や植皮などを用いて整容的に患者さんに納得のいく再建を心がけています。症例によっては抗がん剤治療をおこなうこともあります。

再建手術

 他科との共同手術として、耳鼻科や口腔外科、脳外科などの頭頚部悪性腫瘍切除で生じた骨や軟部組織欠損の再建、乳腺外科でなされた乳癌術後の乳房、乳頭再建、外科の食道癌切除に対する食道再建や腹壁腫瘍等切除後の腹壁再建、婦人科、泌尿器科術後の陰部再建、整形外科術後の四肢の再建など、体のあらゆる部位の組織欠損に対応します。広範囲な組織欠損や骨の再建の場合には主に微小血管吻合を用いた遊離組織移植をおこなっています。